"賃貸物件に実際に住んだ時には毎月支払うのは何も家賃だけに限ったことではないのです。
もちろん家賃だけの支払いの場合もありますが、その他にも管理費や駐車代なども含まれることもあるので総支払額を考慮して物件探しをしていきましょう。

 

物件探しにおきましては広さや部屋数はあまりこだわって探さない方が確かに見つけやすいですが、荷物が入らなかったでは何とも間抜けな話になってしまいます。
新しく家具を購入する場合には、新居のドアから問題なく搬入をすることが出来るかどうかを確認しておくようにしましょう。
家賃を予め決めておく時には毎月の収入における3分の1以下までに抑えることが大切です。
賃貸物件へ引越しをするためにはどうしても初期費用が高くなってしまいますが、家賃が高くなればその分初期費用も高くなるのです。"



重要な予算と間取り、そして場所ブログ:2020-1-19

わしは、減量というのは「生活」だと思うんです。

決して一発の花火のように、
イベントとして1回やってそれで終わりというものではなく、
一生続けていく生活習慣だと思うんですよね。

だから、日常生活に無理なく溶け込める方法でなければなりません。
そのためには
「小さなことをコツコツと」続けることがとても大事だと思います。

例えば、運動。
スポーツジムに通うなど、
大きなイベントとして実行することができなくてもいいのです。
まとまった時間やお金を
減量に投資する必要なんてありません。

そんな風に行なった減量は、
時間やお金が続かなくなった時点でリバウンドして元通りです!

小さなことをいくつも実行し、つなぎ合わせていくほうが、
減量を長続きさせることになり、
ひいては大きな成果につながるはずです。

「小さなこと」とはどんなことかというと…
例えば、
・ライスは最低30回は噛むとか、
・お湯が沸くまでの間に筋トレを10回行うとか、
・エレベーターを使わずに階段を上るとか、
・テレビを見ながら筋トレを20回やるとか、

こういったほんの小さなことを少しづつ行うことで、
日常生活の中でも無理なく快適に
減量を取り入れることができるんです!

食生活でも、
大きく食事制限をするとか、
減量レシピを毎日自分で作る
…などといった大きなことを行わなくても、

まずは
買おうとしているおかしのカロリー表示を見るだけでも、
購入するおかし自体に少しづつ変化が現れますし、
より低カロリーなおかし等に少しづつ置き換えていけば、
やがて減量に大きな違いとなって表れてくるはずです。