"賃貸物件に住んでみますと「エアコンが動かない」「お湯が出るのが遅い」などなど、元々部屋に備え付けの設備にトラブルが起こるものです。
もしも何かしらのトラブルが発生してしまった時には、すぐに管理会社や大家さんに連絡をして対応をしてもらうことが大切です。

 

賃貸物件で借主がトラブルを勝手に修理をした場合におきましては、その修理費用を支払ってもらえないことがあります。
ですので自分で勝手に判断をすることなく、必ず管理会社等の指示をもらうようにしましょう。
契約の時にもらった書類などに、設備のトラブルが発生してしまった際の連絡先が載っているかと思います。
トラブルを放置してしまい被害が拡大してしまうと、入居者が責任を負うこともありますので、すぐに報告をしてください。"



設備のトラブルは管理会社へ連絡ブログ:2020-7-30

一年ほど前に、家の車を買い替えようかという時、
俺が
「マニュアルミッションの車にしたい」
「どうしてもクラッチを踏みたい!」
と力説していたところ、
嫁は「俺の乗りたい車にしよう」と言ってくれました。

普段は嫁の方が車に乗る機会が多いので、
嫁にとっては不便なのにもかかわらず、
俺が喜ぶからといって、そう言ってくれるのです。

その想いに触れた時、
俺は何とも言えない気持ちになったのを覚えています。

また、
俺が出掛ける時には、
嫁はおにぎりを作ってくれます。

いつも何の気なしに食べていたのですが、
ある時、ふと
「嫁は、どんな気持ちでこのおにぎりを作ってくれて、
俺に持たせてくれてるんだろう?」って。

その想いに触れて、
おにぎりを食べながら、
俺は涙が出そうになったことを覚えています。

それらを思い出した時、俺はハッとしました。

日々作ってくれるご飯…
出掛ける時にかけてくれる「いってらっしゃい」という声…
アイロンのかかったシャツ…

全てに嫁の愛と想いが込められているということに改めて気づいて、
ハッとしたのです。

「俺はこんなにも愛されていて、
こんなにも大事に想ってもらっているのか!」

そして同時に気づきました。
俺の愛し方がいかに独りよがりだったか…ということに。

俺は嫁のことが大好きで、
とっても愛しているのですが、その愛し方というのは、
俺が一方的にその愛情を与えるだけで、
嫁の愛や想いというのを
全然受け取れていなかったんですね。

嫁のことが好きだからといって、
その愛を嫁に与えて、
それで一人で満足している部分があることに気づきました。